女性のアイデアや
発想力を活かすのが
トレイダーズのスタイル

デリバティブ事業部 マーケティング課長

どんな仕事をしていますか?

「みんなのFX」「みんなのシストレ」のブランド戦略を構築したり、キャンペーンやセミナー等のイベントの企画立案、ホームページの管理を行っています。

女性でも活躍できますか?

はい、できます。
トレイダーズには、グループ全体として、女性のアイデアや発想力を活かそうという風潮があります。入社したばかりの女性でも会議での発言が採用されることもあります。また、管理職として活躍している女性も少なくありません。
風通しの良い社風なので、出産後に復職する女性も多く、現在も3人の女性が育児休業中です。私自身も、トレイダーズで2人の子供の育児休暇を取得しました。1回目の復職後には、グループで設立された子会社の立ち上げメンバーに加わり運営を任されました。2回目の復職後には、子育てが大変だったため時短勤務を利用しながら、2年間カスタマーサポート課でお客様対応をしていました。そして現在に至っています。

仕事上で嬉しかったことは?

一から立ち上げた販売サイトで初めて商品が売れた時には、同僚と抱き合って喜びました。あのときのことを思い出すと今でも胸が熱くなります。また、企画したイベントが好評だったり、カスタマーサポート在籍時にはお客様から感謝のお言葉を頂戴したときには喜びを感じました。
また、仕事とは関係ありませんが、産休に入る前に会社のみんなから色紙やお花をもらったり、出産後におむつが山のように自宅に届いたときにも嬉しくて、「早く戻って、またみんなと仕事がしたい」と思ったのを今でも覚えています。

仕事をする上で原動力となっていることは?

誰かを喜ばせたい、あっと言わせたい、という思いです。「このセミナー、すごく面白そう」「こんなキャンペーン、見たことない」「この取引システムは使いやすい」「みんなのFXで取引したい!」、そう言っていただけることを妄想しながら、現実にすべく日々取り組んでいます。
また、仕事関係以外でも多くの人と交流を持つようにしていますが、同世代で頑張っている人を見ると刺激を受けます。様々な考え方に触れると、今までとはまったく異なるアイデアが浮かぶこともあります。

Profile

大学卒業後、大手信託銀行を経て2006年に入社。学生時代の投資経験と信託銀行時代に培った外国株式の知識を活かし、入社当初は市場分析業務に従事。グループ傘下の子会社立ち上げに約3年間携わった後、トレイダーズ証券のマーケティング部門にてイベントの企画やホームページの制作等に尽力する。2014年、第二子出産後の復職とともにカスタマーサポート課に異動、2016年より再びマーケティング課長としてマーケティング業務に従事。