目的を手段で終わらせない

法島 知資

Tomosuke Hoshima

市場部 ディーリング課

どんな仕事をしていますか?

外国為替のディーリング業務を行っています。
プライスの配信とポジションコントロール、このふたつがメインの業務です。
カウンターパーティーから提供されるプライスを通してお客様に最適な形でレートの配信を行い、それに基づき入ってくるお客様の注文を成立させます。
また、様々な要因で常に変化し続ける為替市場に対して、多方面にアンテナを張りつつ、その時々に応じた最適なリスクコントロールを行うことで、収益の最大化も図っています。

入社した決め手はなんですか?

シンプルに、働いている方々の人柄に惹かれました。
今の上司が面接官でしたが、杓子定規な面接ではなく私の事を知ろうと真正面から向き合ってくれました。
また、会社の良いところ、改善していること、など包み隠さず話をしてくれたのも非常に良い印象でした。
他にも何人かの社員と入社前に話す機会がありましたが、皆さん穏やかで、全員がしっかりと私に向き合って話をしてくれました。
そうした体験を通して、"この人たちと一緒に働きたい"と心から思い入社を決意しました。

入社して実感したことは?

社内全体がスピード感を持って業務に取り組み、会社を前に進めようとしている点です。
当社は、一般的な証券会社に比べ従業員数も多くはなく、働いている社員の年齢も若いです。そのため、高い機動力とバイタリティをもって業務に取り組めているからこその印象だと思います。
加えて、面接時に感じた個を尊重し向きあってくれる点も改めて実感しています。
ディーラーとして、社会人としてひよっこで未熟な私に向き合っていただき、惜しみなく知識やスキル、考え方などを指導していただいてます。

仕事をする上で心がけていることは?

「目的を手段で終わらせない」ことです。
この言葉は入社した初日に先輩から贈られました。日常の業務に取り組んでいると、つい目の前の業務を終わらせることが目的になってしまいがちです。ただ、どのような業務一つとっても何かしらの目的があり、業務はその目的を達成するための手段に過ぎない、ということを常に念頭に置きながら、業務に取り組んでいます。そうすることで、業務をスムーズに行えることはもちろん、一歩踏み込んだ+αの結果を出すことができると考えています。また、この会社では社員全員が間違いなく高いプロ意識と向上心を持っています。
私もまだ半人前ではありますが、このマインドだけは常に忘れないようにしています。

Profile

Tomosuke Hoshima

2018年入社。大学在学時は金融を専攻し、新卒で金融の道に足を踏み入れる。トレイダーズ証券入社後、市場部ディーリング課に配属されディーリング業務に従事する。幼少期をタイで過ごした経験から暑さには強い。
座右の銘は「Be just and Fear not.」