【重要】証拠金規制における弊社の対応につきまして

2011年07月19日

いつも「TRADERS 365」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2010年8月1日(日)に施行された「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」における1年間の経過措置(証拠金率2%以上)の期間の終了に伴い、2011年8月1日(月)より新規取引を行う際に、取引の額の4%以上の証拠金の預託が必要となります。

「TRADERS 365」では、これに伴い2011年7月23日(土)より、取引ルールを変更させていただく予定でございます。
本ルールの変更に伴い、通貨によっては証拠金基準額が増大する為、有効比率が著しく低下する事が考えられます。有効比率が低下し100%を下回った場合は、ロスカットとなりますので、お客様ご自身にて十分なリスク管理を行って頂きますようお願い致します。

【変更予定日時】
2011年7月23日(土)メンテナンス終了後

【取引ルール変更点】
・証拠金の変更:証拠金基準額の125% ⇒ 100%
・ロスカットの変更:80% ⇒ 100%
・アラートラインの変更:100% ⇒ 105%

※上記変更後に証拠金基準額が増大することで有効比率が低下し100%を下回った場合はロスカットが発生いたします。また、「出金予約」をされている場合、出金予約額は有効証拠金額から差し引かれているため有効比率が低下します。ご注意ください。

「TRADERS 365」では、お客様により良い取引環境をご提供できますよう、日々努力して参ります。
今後とも、「TRADERS 365」並びにトレイダーズ証券をどうぞよろしくお願いいたします。