大阪証券取引所のプライス・スキャンレンジの大幅な引上げについて

2011年03月23日

大阪証券取引所より3月28日(月)取引分よりプライス・スキャンレンジの大幅な引上げを行うことが公表されております。

大阪証券取引所 SPANパラメーターの設定情報
http://www.ose.or.jp/market/about_trading/span_parameter_setting

■追加証拠金の発生にご注意ください
プライス・スキャンレンジおよびSPANパラメーターの変更により、先物・オプション取引における
証拠金額が大幅な増額となりますので、追加証拠金の発生には十分ご注意ください。

■大阪証券取引所公表SPANパラメーター(適用期間 : 平成23年3月28日~4月1日)
<プライス・スキャンレンジ>
 990,000円
(※3月25日までのプライス・スキャンレンジは270,000円)

<ボラティリティ・スキャンレンジ>
 30.0%
(※3月25日までのボラティリティ・スキャンレンジは4.3%)

■日経225先物・mini・オプションの委託証拠金変更について
この度の東日本大震災および原発事故の影響により、今後も大幅な相場の変動等が発生する可能性があるため、当社では日経225先物・mini・オプションの委託証拠金額につきまして変更させていただいております。

【当社委託証拠金額】
SPAN証拠金の350%?ネット・オプション価値の総額
※ラージ・オプション売り建ては最低維持証拠金50万円

3月28日以降の当社委託証拠金におけるSPAN証拠金の掛け目については、順次ホームページにてお知らせいたします。