【再掲】大証次期デリバティブ売買システム「J-GATE」稼働に伴う制度変更について

2011年02月03日

2011年2月14日より大阪証券取引所の次期デリバティブシステム「J-GATE」が稼働する予定となっており、それに伴い大阪証券取引所の先物・オプション取引の制度が見直されます。弊社においてもJ-GATEに対応した取引システムに変更することから、取引ルールの一部に変更がございます。お取引に関する主な変更点は以下の通りです。

>>トレイダーズ動画 大証J-GATE福の神ここに気をつけろ
※YouTube(外部サイト)
へのリンクになります。

取引時間の変更

~重要なポイント~
1.午前立会と午後立会の場間(午前11時~午後12時30分の昼休み)が廃止され、日中は「1場制」となります。
2.取引終了時の取引方法の変更に伴い、取引終了時の板寄せ前に、5分間注文受付時間(プレ・クロージング)が設けられます。これに伴い、日中立会終了時刻は午後3時15分となります。また、イブニングセッションはザラバ取引が午後11時25分に終了した後、5分間のプレ・クロージングが設けられ現行と同じ午後11時30分に終了いたします。
※プレ・クロージングは、注文のみを受け付け、マッチングが行われない時間帯です。取引終了時の取引方法の変更の詳細は、下記の大阪証券取引所のWEBサイトにてご確認ください。
http://www.ose.or.jp/derivative/2101

J-GATE稼働時からの先物オプション取引タイムスケジュール

? 日中立会 イブニング 概要
オープニングオークション 8:00~9:00 16:15~16:30 注文のみを受け付けてマッチングを行わない(プレ・オープニング)。
9:00 16:30 板寄せ方式によるマッチングを行う(取引が成立しなければ,ザラバに移行)。
レギュラーセッション(ザラバ) 9:00~15:10 16:30~23:25 現行と同じザラバ方式による取引が原則(取引の一時中断又は停止を行った場合は,板寄せ方式により取引再開)。
クロージングオークション 15:10~15:15 23:25~23:30 注文のみを受け付けてマッチングを行わない(プレ・クロージング)。
15:15 23:30 板寄せ方式によるマッチングを行う(取引が成立しなくても,現行どおり)。

>>トレイダーズ動画 大証J-GATE取引時間の変更について
>>トレイダーズ動画 大証J-GATE寄付の取引の変更について
>>トレイダーズ動画 大証J-GATE引けの取引の変更について
※YouTube(外部サイト)へのリンクになります。

注文方法の変更

~重要なポイント~

  1. 執行数量に関する条件が加わります。
    1. FAK(Fill and Kill)・・・一部約定後の未執行数量は注文を失効させる
    2. FOK(Fill or Kill)・・・全数量が即時に約定しない場合は注文を失効させる
      ※ 現行の成行注文(全数量が約定するまで注文は有効)がなくなるため、当社では代替注文として最大指値注文を提供いたします。最大指値注文についてはコチラをご確認ください。
  2. 注文を有効にする価格条件としてSO条件が加わります。
    発注時にSO条件を加えた場合、指定銘柄の直近約定価格(もしくは最良気配)が指定価格に到達した時点で当該注文が有効になります。

    (例)
    【注文内容】日経225先物3月限 新規 買 10,000円 1枚(指値)
    【SO条件】日経225先物6月限の直近約定価格が10,350円以下になったら

    この場合、日経225先物6月限の直近約定価格が10,350円以下にならない限り注文は有効とはなりません。そのため、日経225先物6月限の直近約定価格が10,350円以下にならない限り、日経225先物3月限の価格が10,000円を下回ったとしても当該注文は約定しません。
    ※通常のWEB取引画面からはSO条件付き注文の発注が可能ですが、トレードスタジアムではSO条件付き注文の発注は出来ません。

  3. 注文の有効期限を選択することができます。
    注文の有効期限を下記の3パターンから選ぶことができます。

    1. 当セッションのみ・・・日中立会、もしくはイブニングセッションのみ注文を有効とする
    2. 期間指定・・・指定した取引日の日中立会終了時まで注文を有効とする
    3. 最終日まで・・・該当銘柄の最終取引日まで注文を有効とする※一部執行条件を除く
      ※?.?.に関しては2月14日時点では選択することができませんが、順次機能を追加する予定です。機能が追加され次第ご案内をさせていただきます。
  4. 特殊注文の名称が変更となります

    1. ペア注文・・・今後は OCO注文 となります。
    2. ステップ注文・・・今後は IFD注文 となります。
    3. ステップペア注文・・・今後は IFDO注文 となります。
  5. 逆指値をより詳細に設定することができます。
    『指定銘柄が10,000円以下になったら成行(FAK)で発注する』、『指定銘柄が10,000円以上になったら指値9,500円で発注する』など、逆指値発注内容をより詳細に設定することができるようになります。

>>トレイダーズ動画 大証J-GATE注文種類の拡充について
※YouTube(外部サイト)へのリンクになります。

トレイダーズ証券独自の注文方法

~重要なポイント~
取引所が用意する注文とは別に、トレイダーズ証券独自の注文種類が加わります。

トレイダーズ証券独自の注文方法一覧

注文の種類 概要
逆指値注文 当社サーバー内部で注文を保持し、逆指値条件に合致した場合に市場に発注する注文です。執行条件は成行(FAK)、成行(FOK)、指値(GFD/GTD/GTC)、指値(FAK)、指値(FOK)、最大指値(GFD/GTD/GTC)から選べます。
最大指値注文 買い注文ならば値幅上限の指値、売り注文ならば値幅下限の指値を発注する注文です。
発注時の値幅上限(下限)の価格を限度として、従来の成行注文と同じように 『指定した数量の約定』 が期待できます。
引成注文 プレクロージング時間開始直後に成行(FAK)を発注する注文です。
不出来最大指値注文 プレクロージング開始直後に、指値注文の単価を最大指値注文と同等の単価へと訂正する注文です。

(複合注文)

注文の種類 概要
IFD注文 順位ある2つの注文を同時に出し、第一順位の注文(親注文)が成立したら、自動的に第二順位の注文(子注文)が有効になる注文方法です。従来のステップ注文に相当する注文方法です。
OCO注文 同順位の2つの注文を出し、一方の注文が成立したら、他方の注文が無効になる注文方法です。従来のペア注文に相当する注文方法です。
IFDO注文 IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文形態で、IFD注文の子注文にOCO注文を指定します。従来のステップペア注文に相当する注文方法です。

注文受付時間の変更

~重要なポイント~
日中立会時間が「1場制」となることから、注文受付時間も延長されます。

時間 注文可否
開始時間 終了時刻
00:30頃 07:55 予約注文可能
07:55 08:00 注文不可
08:00 15:15 日中立会 注文可能
15:15 16:15 注文不可
16:15 23:30 ES(イブニングセッション) 注文可能
23:30 00:30頃 注文不可

※予約注文は日中取引開始時に自動的に発注されます。

日経225miniのマンスリー限月取引の追加

~重要なポイント~
日経225miniでは2011年3月限以降、マンスリー限月取引の導入により四半期毎の限月(3・6・9・12月限)のうち直近2か月と、四半期限月以外の直近3限月を加えた5限月取引制となります。

(例)
3月1日時点では3月限・6月限(四半期限月の直近2ヶ月)に加え、4月限・5月限・7月限(マンスリー限月)の計5限月。
4月1日時点では6月限・9月限(四半期限月の直近2ヶ月)に加え、4月限・5月限・7月限(マンスリー限月)の計5限月。
5月1日時点では6月限・9月限(四半期限月の直近2ヶ月)に加え、5月限・7月限・8月限(マンスリー限月)の計5限月。

>>トレイダーズ動画 大証J-GATE日経225miniの限月の変更について
※YouTube(外部サイト)へのリンクになります。

詳細は、下記の大阪証券取引所のWEBサイトにてご確認ください。
http://www.ose.or.jp/derivative/2109

日経225オプション取引の呼値の変更

~重要なポイント~
日経225オプション取引の50円以下の価格帯について、呼値単位が1円となります。

オプション価格 見直し後 従来
20円以下 1円 1円
20円超~50円以下 1円 5円
50円超~1,000円以下 5円 5円
1,000円超 10円 10円

>>トレイダーズ動画 大証J-GATEオプションの呼値の変更について
※YouTube(外部サイト)へのリンクになります。

詳細は、下記の大阪証券取引所のWEBサイトにてご確認ください。
http://www.ose.or.jp/derivative/2109

同時呼値ルールの廃止

~重要なポイント~

  1. 「同時呼値ルール」が廃止されることにより、常に「価格優先・時間優先の原則」が適用されるようになります。
  2. 「同時呼値ルール」が廃止されることによりマッチングルールである「ストップ配分ルール」も廃止されます。
? 見直し後 従来
(1) 低い値段の売呼値は高い値段の売呼値に優先し、高い値段の買呼値は低い値段の買呼値に優先する。 低い値段の売呼値は、高い値段の売呼値に優先し、高い値段の買呼値は、低い値段の買呼値に優先する。
(2) 同一値段においては、呼値が行われた時間の先後により、先に行われた呼値は後に行われた呼値に優先する。 同一値段の呼値については、次に定めるところによる。

  1. 呼値が行われた時間の先後により、先に行われた呼値は、後に行われた呼値に優先する。
  2. 同時に行われた呼値及び行われた時間の先後が明らかでない呼値の順位は、大阪証券取引所が定める。
(3) - 成行呼値は、それ以外の呼値に値段的に優先し、成行呼値相互間の順位は、同順位とする。

詳細は、下記の大阪証券取引所のWEBサイトにてご確認ください。
http://www.ose.or.jp/derivative/2099

板寄せ方式による約定値段の決定方法の見直し

~重要なポイント~
「価格優先・時間優先の原則」に従い、取引数量が最大で、かつ、取引されない数量が最小となる価格が板寄せ方式による約定値段となります。

  • 現行の「成行注文の全部合致」は取引成立要件ではなくなります。
  • 成行注文しか注文板にない場合は、取引が成立しなくなります。
  • 板寄せ方式での約定の有無にかかわらず、板寄せ時刻を経過するとザラバに移行されます。

詳細は、下記の大阪証券取引所のWEBサイトにてご確認ください。
http://www.ose.or.jp/derivative/2100

即時約定可能値幅制度の導入及び特別気配制度の廃止

~重要なポイント~
誤発注等による価格急変防止の観点から、直前の約定値段から即時約定可能値幅を超えて上昇又は下落する注文が発注された場合に、即時約定可能値幅の範囲内で対当できる数量を約定させたうえで、取引を1分間中断します。即時約定可能値幅制度の導入に伴い特別気配及び注意気配制度は廃止されます。

【即時約定可能値幅】

商品 即時約定可能値幅
日経225先物取引 上下0.8%
日経225オプション 上下10ティック

>>トレイダーズ動画 大証J-GATEザラバの取引の変更について
※YouTube(外部サイト)へのリンクになります。

詳細は、下記の大阪証券取引所のWEBサイトにてご確認ください。
http://www.ose.or.jp/derivative/2102

サーキット・ブレーカー制度の変更

~重要なポイント~

  1. 市場参加者が注目する中心限月取引の価格変動を基準として対象株価指数を同一とする先物・オプション取引の全銘柄が中止されるようになります。
  2. また、先物価格が値幅の限度となった場合にサーキット・ブレーカーは発動され、発動状況に応じて値幅の限度が段階的に拡大されるようになります。

詳細は、下記の大阪証券取引所のWEBサイトにてご確認ください。
http://www.ose.or.jp/derivative/2103

値幅制限制度の変更

~重要なポイント~
日経225先物・オプション取引の制限値幅について、現行の『テーブル制』から『定率制』に変更されます。また、適用期間が『営業日単位』から『取引日単位』に変更され、制限値幅は夕場から適用されます。

>>トレイダーズ動画 大証J-GATE値幅制限制度の変更について
※YouTube(外部サイト)へのリンクになります。

詳細は、下記の大阪証券取引所のWEBサイトにてご確認ください。
http://www.ose.or.jp/derivative/2103

日経225オプション取引の下限手数料適用方法について

~重要なポイント~
2011年2月14日(取引日基準)より、当社における日経225オプション取引の料率手数料に対する下限手数料(最低手数料)の適用方法が変わります。
料率手数料に対する下限手数料(最低手数料)は、日経225オプションの注文毎に計算します。注文の有効期限を翌営業日以降に設定し、複数の取引日をまたいで約定が成立した場合は、取引日毎に下限手数料の再適用を行います。
発注後に異なる注文チャネルで注文訂正を行う等により、同一注文内で注文チャネルが異なる約定(WEBと電話)が混在した場合は、WEBと電話とで大きいほうの下限手数料が適用されます。

日経225先物、日経225オプションの建玉制限枚数について

2011年2月14日より、当社においては日経225先物と日経225オプションでそれぞれ別々に建玉制限枚数が設定されます。

日経225先物 売り、買い合計で100枚まで(日経225mini 1枚は0.1枚換算)
日経225オプション 売り100枚まで

※建玉制限枚数は、新規注文と既存の建玉の合計数量です。