証拠金規制(レバレッジ規制)に伴うTRADERS FXの対応について

2010年05月27日

平成21年8月3日(月)に公布されました「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」により、FX取引の証拠金に対する規制が下記の通り変更となります。
──────────────────────────────
証拠金規制(レバレッジ規制)
平成22年8月1日以降は2%以上(レバレッジが50倍以下)、
平成23年8月1日以降は4%以上(レバレッジ25倍以下)の証拠金を
お預かりすることが義務付けられます。
──────────────────────────────
これに伴い、トレイダーズ証券ではTRADERS FXの取引概要について、下記の通り変更を行います。
変更内容について、あらかじめご確認をいただきますようお願い申し上げます。
なお、スケジュールおよび内容に変更があった際には、あらためてホームページ等にてご案内させていただきます。
──────────────────────────────
■2010年6月21日(月)
・証拠金維持率の算出方法を変更いたします。
・建玉可能額の計算式を変更いたします。
──────────────────────────────
<対象口座:個人口座および法人口座>

変更前:証拠金維持率=有効証拠金÷(建玉証拠金+注文証拠金)×100 (%)
変更後:証拠金維持率=純資産額÷建玉証拠金×100 (%)

現在、証拠金維持率について「有効証拠金」を用いて計算を行っておりますが、「有効証拠金」を廃止し、変更後は「純資産額」を用いて計算を行います。これにより、証拠金維持率に評価益も加味されることとなります。

有効証拠金=預託証拠金残高+Min(0,未決済建玉評価損益+未決済スワップ損益)?出金拘束金
純資産額=預託保証金残高+未決済建玉評価損益+未決済スワップ損益―出金拘束金

※維持証拠金率が100%を下回った場合にはロスカットが執行され、すべての未決済建玉を反対売買により決済させていただきます。また、注文中の注文はすべてキャンセルさせていただきます。

変更前:建玉可能額=預託証拠金残高+Min ( 0, 未決済建玉評価損益+未決済スワップ損益)?出金拘束金(出金予約額)-ポジション証拠金-注文証拠金
変更後:建玉可能額=(純資産額÷1.3)-建玉証拠金-注文証拠金 

これにより、注文証拠金を含めた証拠金維持率が130%を下回る場合には新規注文を発注することができなくなります。
──────────────────────────────
■2010年7月24日(土)
・レバレッジ50倍超の新規注文はご利用いただけなくなります。
・NYクローズ後、メンテナンス時間中の一括処理にて、50倍超のレバレッジでお取引いただいている建玉の証拠金をレバレッジ50倍として再計算いたします。なお50倍超のレバレッジで注文中の注文はすべてキャンセルさせていただきます。
──────────────────────────────
<対象口座:個人口座>
新規注文において選択可能なレバレッジは下記の9種類です。
1倍, 5倍, 10倍, 15倍, 20倍, 25倍, 33倍, 40倍, 50倍
(南アフリカランド/円は1倍, 5倍, 10倍, 15倍, 20倍です。)

再計算により証拠金維持率が100%を下回った場合にはロスカットが執行されます。
2010年7月23日(金)までに追加入金もしくは建玉の決済を実施いただきますようお願いいたします。