TRADERS FX取引概要(ロスカットルール)変更のお知らせ

2010年01月07日

金融先物取引業協会により2009年12月11日に制定されました「外国為替証拠金取引に係るロスカット取引に関するガイドライン」に準拠するためTRADERS FXでは2010年1月25日(月)より取引概要の一部を変更いたします。

お客様におきましては、あらかじめご確認をいただきますようにお願い申し上げます。

【適用日】
2010年1月25日(月) 午前7時より

【変更点】
■ロスカットルール
 旧)証拠金維持率が80%を下回った場合、建玉を強制的に決済いたします。
  ↓  ↓
 新)証拠金維持率が100%を下回った場合、建玉を強制的に決済いたします。

※ロスカット発動時には、指値注文等、発注済みの注文は全て取消を行います。

■アラートライン
 旧)100%
  ↓  ↓
 新)130%

「アラートライン」とは、ロスカットの警告ラインとなる証拠金維持率のことをいいます。証拠金維持率が130%を下回った時点でロスカットアラートメールを送信いたします。(1日1回のみ)
なお、証拠金維持率が130%を下回る場合、新規注文を発注することはできません。

【注意事項】
・ロスカットルールの変更に関しましては、証拠金維持率が100%を下回ったお客様は、変更後、直ちにロスカット処理が実施されることになります。また、レバレッジ1倍にてポジションをお持ちのお客様でも、証拠金維持率が100%を下回った場合、ロスカットの処理が実施されます。
お早めに追加入金もしくはポジションの決済を実施いただきますようお願いいたします。
・ロスカット処理が実施される際にはロスカット手数料が発生いたします。
 ロスカット手数料は、1万通貨単位あたり400円(税込)(南アフリカランドは10万通貨単位あたり400円(税込))です。
 ※なおレバレッジ100倍以上のご注文に関しては、ロスカット手数料は無料です。