年末年始における為替取引につきまして

2009年12月28日

年末年始につきましては、市場の流動性が大幅に低下することから、インターバンクレート(銀行間のレート)のスプレッド(売値と買値の差)が通常よりも拡大する傾向がございます。

これに伴い、弊社が提示いたします取引レートのスプレッドにつきましても、通常時より拡大する可能性がございます。

また一部通貨におきまして市場レートが非提示となる可能性もございます。
お取引にあたりましては、十分ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

年末年始の営業日及び入出金予定日は下記ページをご確認ください。
http://www.traderssec.com/news/top_news/14621.html