現在の市場環境とスワップに関して

2008年09月18日

お客様各位

ここ数日、米大手証券会社の経営破綻をうけた金融不安により、米ドルの資金需要が増大し、米短期金利が急上昇したため、インターバンク市場におけるスワップが乱高下しております。この動きに合わせる形で当社提示スワップも乱高下しております。

その結果、市場環境によってはスワップの受け払いが逆転する場合や米ドル/円のスワップが大きく増加している場合、ユーロ/円のスワップが大きく減少する場合があります。

スワップの詳細につきましては以下のリンクをご覧ください。
→http://www.traderssec.com/invest/forex/fx_swap.php

今回の現象は、世界的に金融市場が大きく動揺していることによる一時的な現象であると推測されますが、情勢次第では、弊社提示レートのスプレッド拡大、及びスワップの受け払いの逆転等、不安定な状況が今後も継続する可能性がございますので、上記のリンクのご確認を徹底願います。

何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。