日経225オプション取引 リアルタイムSPANシミュレーションシステム『OASiS』リリース

2008年06月20日

トレイダーズ証券は、日経225オプション取引においてリアルタイムSPANシミュレーションシステム『OASiS (Option Analyze & Simulation System、以下OASiS)』を2008年6月23日(月)よりリリースいたします。

通常『OASiS』をご利用いただくためには、受入証拠金が100万円以上必要となりますが、リリース同日より7月末日まではトライアル期間として当社で日経225先物・オプション口座をお持ちのすべてのお客様に『OASiS』を提供いたします。この機会に多くのお客様に『OASiS』をご利用いただきたいと思います。

『OASiS』リリース概要】

リリース日 2008年6月23日(月)
対象商品 日経225オプション取引
利用料 無料
利用条件 日経225先物・オプション口座をお持ちで、 受入証拠金が100万円以上のお客様
※6月23日から7月末日までは日経225先物・オプション
口座をお持ちのすべてのお客様がご利用いただけます。

※『OASiS』のダウンロードは6月23日(月)より下記リンクから可能です。
>>『OASiS』ダウンロード

【『OASiS』とは】
リアルタイムSPANシミュレーションシステム『OASiS』とは、日経225オプション取引におけるSPAN証拠金シミュレーションを、リアルタイムで算出できるシステムです。3次元ペイオフダイアグラムを搭載することにより損益線はもちろんグリークス(デルタ・ガンマ・ベガ・セータ)を表示することができるなど、詳細なリスク管理を実現しました。また日本で初めて、現在のポジションにおける証拠金不足ラインの価格をワンクリックで算出する機能を搭載しています。
『OASiS』を利用した場合、証拠金をリアルタイムで算出し、合成ポジションなど売り注文を絡めた戦略をポジショニングした場合でも、大引け前にポジション調整を行ない、証拠金不足を回避することができます。
>>『OASiS』について詳しくはこちら

【『OASiS』開発背景】
日経225オプション取引では、合成ポジションなど売り注文を絡めた戦略をポジショニングした場合、大引け後に大阪証券取引所より証拠金が発表されるまで、証拠金額を算出することができず、証拠金額発表後に証拠金不足が発生する可能性があります。これまでオプションプレイヤーの方々から「証拠金額をリアルタイムで算出したい」との声をいただいておりました。
トレイダーズ証券では、こういった多くのオプションプレイヤーのニーズを汲み取り、『OASiS』を開発いたしました。
トレイダーズ証券では、今後も引続き投資家のニーズにお応えできるようサービスを拡充してまいります。