FX取引システム「ネットフォレックス」をさらに増強

2008年04月23日

トレイダーズ証券は、2007年9月に続き、2008年4月20日にFX取引システム(名称:ネットフォレックス)のサーバースペック増強を行ないました。
今回のシステム増強では、アプリケーションサーバー等の追加導入を行なうことで、「ネットフォレックス」の処理能力が従来と比較して約2倍(※)まで向上しました。また、2007年9月以前と比較すると、約8倍(※)に向上しております。
これにより、相場急変時など注文が集中する高負荷時における安定稼働発注、および約定処理の迅速化が可能になり、お客様へ今まで以上に快適なお取引環境を提供することが可能となりました。

トレイダーズ証券では、お客様へ快適なお取引環境を提供すべく、充実したサービス展開と継続的なシステム構成の見直しに努めてまいります。

【システム増強概要】

適用日時 : 2008年4月21日(月)より

(システム増強による効果)
今回のシステム増強で、「ネットフォレックス」は従来と比較して約2倍(※)まで処理能力が向上しております。その結果、相場急変時など注文が集中する高負荷時における安定稼働発注、および約定処理の迅速化が可能になりました。

(今後のシステム運用方針)
トレイダーズ証券では、今後も引続き、取引の集中する時間帯においても注文執行が遅延しない事をベンチマークとして、継続的にシステム構成を見直し、良質な金融商品・サービスの提供と顧客満足度の向上に努めます。

※ 秒間当たりの約定処理件数 弊社テスト実測値による

?