外国為替取引における顧客資産分別信託スキーム(セーフティ・トラスト・アカウント)の一部変更について

2006年08月31日

トレイダーズ証券では、当社の信用リスクからお客様の預かり資産を保全することを目的に、2001年6月より外国為替取引における独自の顧客資産分別信託スキーム「セーフティ・トラスト・アカウント」による分別保管を行なっております。「セーフティ・トラスト・アカウント」では、当社を委託者、三菱UFJ信託銀行を受託者、お客様を受益者として設定しており、当社が万が一倒産等の事態に陥った場合でも、信託保全された資産は当社の債権者への引き当てとならず、受益者であるお客様へ返還される仕組みとなっております。

従来、分別信託の対象とする顧客資産を「日々の値洗いによって生じる差損益にスワップを含めた円資産の全額」としてまいりましたが、このたび2006年9月より「日々の値洗いによって生じる差損益にスワップを含めた円資産の額から、カバー先への預託金を控除した後の金額」に変更いたします。なお、当社のカバー先はすべて世界的に信用度の高い格付を有しており、信用リスクは極めて低い金融機関であります。