コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“米/景気先行指標総合指数”です

発表者:コンファレンス・ボード(CB)
発表ターム:月次
発表時期:翌月末
―――
景気総合指数(先行・一致・遅行)のうちの一つ。先行性のある10系列の経済指標から合成される指数で、先行3ヶ月から6ヶ月間の景気のバロメーターとして、先行き景気の安定度・方向性などを推定するのに利用される。

一般的には、同指数が3ヶ月連続でプラス(もしくはマイナス)となると景気が転換するとされるが、的中率は高くない。また、同指数の結果がマーケットを大きく動かすこともあまりない。それは、この指数が他の発表済の指数結果を合成して作られるため予想が比較的簡単であり、予想外になることが少ないからだ。

なお、構成指標は以下の10指標。【週平均労働時間(製造業)、週平均失業保険申請件数、消費財新規受注額、入荷遅延比率DI、設備財新規受注、新規住宅着工許可件数、S&P500株価指数、マネーサプライ(M2)、長短金利スプレット(10年国債-FFレート)、ミシガン大学消費者信頼感指数】


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00