コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“移動平均線”です

移動平均線とは、アメリカの株価分析家J・E・グランビルが考案したもので、テクニカル分析の中でも最もポピュラーなものである。相場の方向性をとらえ、将来の動向を予測するのに役立つ。株や為替などあらゆる分野に使うことができる指標である。

まず、一定期間の終値平均を算出する。(算定期間の終値を足し、その和を日数で割れば求められる。)それを毎日算出して、折れ線で結ぶと移動平均線になる。

移動平均の算出期間は、5日・10日・25日・75日・100日・200日を使うのが一般的と言われている。ただし、対象となるモノ(株、為替、債券、商品など)によっては、通常用いられている算出期間が若干異なる。また、どれくらいのスパン(長さ)で戦略をたてるのか、それによっても用いる算出期間は変わってくる。

短期と長期の2本の移動平均線を組み合わせたりして、売買のタイミングを判断する方法もある。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00