コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“米債の利払い・償還”です

債券が満期を迎えて、発行体が調達した資金(元本)を債券の所有者に返却することを償還と呼ぶ。米債は、償還や利払いが2月と8月の中旬に集中している。(5月と11月にも多いが。)

償還・利払いで米ドルを受け取った外国人投資家は、それを自国通貨にレパトリする。2月と8月がドル安になり易いと言われる所以はそこにある。日本の機関投資家もドルを円転するため、この時期のドル/円相場はドル安・円高になる傾向が強い、というのがマーケットでは経験則として言われている。

ただし、償還や利払いで受け取ったドルが全て自国通貨にレパトリされるわけではない。そのドルを使って、再投資する投資家も少なくない、という事実はおさえておきたい。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00