コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“レートチェック”です

日銀の為替担当者は毎日のように民間銀行と為替相場に関する情報交換をしているが、そのなかで日銀の担当者が「いまのレートはいくら?」と聞くことをレートチェックと言う。一般的に、中央銀行が望ましくないと思う水準に相場があるとき、レートチェックはされやすい。レートチェックの実施が伝わると、市場では介入に対する警戒心が強まる。つまり、レートチェックは、口先介入と同じような意味合いを持つといえる。ただし、日銀担当者が介入を意図せず何気なくレートを聞いただけなのに、民間銀行がレートチェックと身構えて円売り介入を警戒するケースもありうる。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00