コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“非不胎化介入”です

介入で市場に供給した資金を吸い上げず、そのまま市場に放置しておく手法。

通常、通貨当局が「自国通貨売り介入」を行った際には、その際に市場に出回った自国通貨を当局は市場から吸い上げる行為をとる。

たとえば、日銀が「円売りドル買い」介入をした場合、短期国債を売却するなどの手段で、日銀は市場に放出された円を吸い上げる。介入の目的はあくまで為替レートの安定化であり、仮に市場から円を吸い上げないとマネーサプライに影響を与えてしまうからだ。このような措置を「不胎化介入」という。

これに対して、「非不胎化介入」は介入で市場に出回った円をあえて日銀が吸い上げない手法をいう。マネーサプライの増加を放置することにより、インフレ期待を高める効果がある。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00