コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“米大統領選挙”です

4年に一度行われる米国の大統領を選ぶ選挙。大統領候補は二大政党(共和党・民主党)のどちらかに所属し、両党が各州で行う予備選挙・党員集会を勝ち上がり、それぞれの党の大統領候補として指名獲得を目指す必要がある。

今回の予備選では、共和党が早い段階でマケイン氏を党の候補としていた一方で、民主党はオバマ氏とクリントン氏が激しく争う展開となった。

明日、2008年11月4日に米大統領選が行われる。各州には、人口などに応じて一定数の選挙人が割り当てられているが、ほとんどの州では、1位になった候補がその州の選挙人を総取りする方式だ。

538人の選挙人のうち過半数の270人を獲得したほうが当選となる。各メディアによると、浮動票すべてをマケイン氏が獲得したとしても、オバマ氏の当選が確実と見られている。

なお、米大統領選挙の結果は現地時間4日深夜(日本時間5日昼頃)に判明する見通し。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00