コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“五十日(5・10日/ごとおび)”です

カレンダーの暦で5と10がつく日(5日、10日、15日、20日、25日、30日)を五十日という。日にち的にもきりがいいことから、ビジネス上の決済支払日は五十日に設定されていることが多く、集金や支払いに行く人々で銀行や道が混むなどと言われている。

五十日には、輸出入業者も決済するため、ドルの売買が活発化しやすい。特に仲値公示時間あたりでは、為替相場に動きがみられることもよくある。五十日の仲値時間の動きを狙って売買する投資家もいるようだ。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00