コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“押し目買い”です

相場は上下動を繰り返しながら推移する。たとえ上昇トレンドにある場合でも、大きな上昇トレンドの波の中では、一時的に下げる場面もある。

このように、相場が上昇を続けている局面での一時的な下げを「押し目(dip)」といい、そこを買い場とすることを「押し目買い」と言う。(「押し目を拾う」とも言う。)

例えばドル円相場において、ドルが上がり続けているときでも、様々な要因が上値を阻み(実需ベースでのドル売りや利益確定売りなど)、一旦、値を下げる時がある。その値が下がったタイミングを見計らって買うのが押し目買いだ。
 
通常、「押し目」には、買いのオーダーが多く集まるので、押し目形成後には、直近の高値を上回り、さらに上昇が続く可能性が高い。ただし、上昇局面での下げが、一時的な下落すなわち「押し目」なのか、それとも下降トレンドの入り口なのかを見極めることが重要だ。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00