コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“RSI”です

Relative Strength Indexの略。1978年、アメリカのテクニカル・アナリストのJ.W.ワイルダー氏によって開発されたテクニカル指標。オシレーター(振幅を測るもの)分析の一種として知られている。

「相対力指数」とも呼ばれる指標で、過去一定期間の変動幅における値上がり幅が占める割合を示し、買われすぎ・売られすぎを判断することができる。

具体的に、以下のような計算式で求める。終値を基準として過去一定期間の上げ幅(前日比)の合計を、同じ期間の上げ幅の合計と下げ幅の合計(いずれも絶対値)を足した数字で割って、100を掛ける。 なお、計算期間は14日を使うのが一般的である。

RSI=A/(A+B)×100(%)

A=一定期間の上昇幅の合計
B=一定期間の下落幅の合計

※以下の計算式でも同じこと。まずRSを算出して、インデックスを作成する。

RS =A/B
RSI=100−(100/(1+RS))

上記の数式からも分かるように、RSIは0%から100%の範囲で推移する。仮に、相場が上昇し続けるとRSIは100%、逆に相場が下落し続けると0%に近づく。一般論では、70%超えは買われ過ぎ、30%割れは売られ過ぎの水準だと言われている。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00