コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“三角保ち合い(さんかくもちあい)”です

チャート・パターン。トライアングルともいう。相場がレンジ(上昇トレンドと下降トレンドのどちらにも当てはまらない状態=保ち合い)を形成し始めると、チャートの上値抵抗線と下値支持線が徐々に近づき、形状が三角形のようになる状態をいう。値幅が徐々に狭まるときに出現する。

三角保ち合いは、市場に煮詰まり感が台頭していることを示す。三角保ち合いを形成している時間が長ければ長いほど、マーケットはエネルギーがたまっている状態になり、上値抵抗線もしくは下値支持線をブレイクしたときには、その方向に相場が大きく動くことがある。

「保ち合いは放れにつけ」という格言は、三角保合いをブレイク(放れた)時にはそれに追随するのがよい、ということを表している。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00