コンテンツへ

1日1つ勉強しよう

1日1つ勉強しよう バックナンバー

今日のテーマは“サマータイム”です。

アメリカでは、昼間の長い春から秋までの約半年間、仕事後の余暇の促進や照明用エネルギーの節約などを目的として、サマータイムが実施される。開始日には、時計の針が1時間進められる。

サマータイムの開始日は毎年3月の第2日曜日。終了日は11月の第1日曜日(※)。
“サマータイム”という言い方が浸透しているが、アメリカでは“サマータイム”ではなく、“太陽光を有効活用する時間制度”という意味から“デイライトセービングタイム(Daylight Saving Time: DST)”という呼び方が一般的だ。国によって異なるが、アメリカの場合は夜中の2時にサマータイムに切り替わる。

※2007年から期間が変更。それまでは、開始日が4月の第1日曜日、終了日が10月の最終日曜日だったが、「包括エネルギー法案」の可決により期間が約1ヶ月延びた。

サマータイム制度は実質的な日照時間の増加をもたらし、ライフスタイルの改善や余暇の充実、省エネ・環境保護の推進、観光の振興などの面で、貢献していると言える。

実は日本でも昭和20年代にこの制度が実施されたが、不評のためわずか数年で廃止されている。


FXカスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-637-104
営業日24時間対応

証券カスタマーサポート
フリーダイヤル 0120-042-424
平日 8:00〜18:00